神秘への憧憬

◎イエス・キリストはユダヤ人にとって、正義の味方のような存在では無かった。悪に立ち向かう力強いのを期待していたのにキリストは隣人愛を説いたからである。(バルザックのセラフィタの感想)


◎神は私達に自分に対しての触知の喜びをお与えにならなかった。触れさせるのは心にして、知性の飛翔によって期待を抱かせた。それは音のように設計図の無いもので情念の錯覚を起こすものだから、イエス・キリストが隣人愛を掟としたのは実践的だと気づいた。(バルザックのセラフィタの感想)


随時追加予定

次回作発表後追加予定